レーザーフェイシャル

  • HOME
  • レーザーフェイシャル

ロングパルスアレキサンドレーザー(755nm)はメラニンによく吸収されるレーザーです。そのため、お顔のそばかすやシミといった色素斑へ反応し色調の改善が期待される治療になります。また、皮膚のコラーゲンにも刺激を与え活性化させることで肌のキメを細かくしたり、ハリをもたせることも期待できます。1ヶ月間隔での数回の治療で効果を感じる方、1回の治療で効果を感じる方もいらっしゃいます。このレーザーでのレーザーフェイシャル治療では、治療直後にわずかな赤味や腫れが生じることがありますが、肌には傷をつけずダウンタイムを生じないことがメリットとなります。治療後は日常的なスキンケアが必要になります。

治療が受けられない方

下記の病気や症状がある方、下記薬剤の使用中の方は治療を受けられません。
  • 光線過敏症
  • 金製剤
  • 金の糸
  • 単純ヘルペスⅠ型、Ⅱ型の活動病変
  • 治療部位の癌
  • 治療部位の感染
  • 全身状態が不良
  • 異所性蒙古斑の部位
  • 太田母斑の部位 等

※妊娠中の方は安全性が確立されていません。医師にご相談ください。