医療レーザー脱毛

  • HOME
  • 医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、毛根のメラニン色素にレーザー光線を吸収させて、その熱で毛根周囲の組織にダメージを与え長期間における減毛(脱毛)を行うことができる治療方法です。毛には毛が生えかわる毛周期があり、脱毛ではその毛周期の成長期にある毛のみがレーザーに反応します。部位によって毛周期は異なっており、治療の間隔は異なってきます。顔や男性のヒゲでは約1~1ヶ月半おき、それ以外は約2~3ヶ月毎に照射を繰り返していきます。平均で5回~10回、年齢や部位によっては10回以上かかることもあり、個人差があります。レーザー脱毛治療では照射前・後にご自身でのお肌のケアが重要になります。また、脱毛は保険診療外になりますので、すべて自費負担になります。当院では、2波長搭載レーザー脱毛医療機器として厚生省の薬事承認を取得しているサイノシュアのEliteIQを使用して行います。

治療が受けられない方

下記の病気や症状がある方、下記薬剤の使用中の方は治療を受けられません。

  • 光線過敏症
  • 単純ヘルペス1型、2型の活動病変
  • 開放創や感染創
  • 刺青の部位
  • 治療部位の癌
  • 2ヶ月以内の日焼け
  • 皮膚の色が非常に黒い部位
  • 真皮性の色素斑の部位 等

※妊娠中の方は安全性が確立されていません。医師にご相談ください。